<< 田園ドリームプロジェクト(農業を知る、語る2日間) | main | 横浜タカシマヤ「グルメのための味百選」を終えて >>
2010.02.15 Monday

冬も残るとこ少し、ご無沙汰の日記!

0

    大変遅くなってしまいましたが、
    あけましておめでとう御座います!
    本年もよろしくお願い申し上げます。

    ようやく重たい手が動き始めました。
    これからブログもトップスピードで頑張ります!
    いつも悩んでしまうのですが、新年初めての日記の写真、
    今年は遅くなったついでに、田の神さんの写真にしました。

    これは1月20日、田の神さんをお迎えするときの設えです。
    よーく観て頂くと分かるのですが、11月30日にお送りする日とは若干違います。
    お送りするときは活きた川魚、お迎えするときは死んだ海の魚(今回は煮干しを用意しました)をお供えしています。これには意味もあるのですが、それはまたの機会に書こうと思います。

    昨年も色々な処でお話をさせて頂いたり、また色んな方とお話をする機会を多く頂きました。その様なとき改めて立ち止まって、普段なかなか考える事のできない思いにふけったりします。
    「農業のあるべき姿はどんななのか?」
    「こめづくりの意味は何なのか?」
    「50年前はどうだったんだろう?50年後はどうなっているのだろう?今自分がすべきことは?」
    もちろん、はっきりした答えなんか見つかるはずも無いのですが、年々ポツリポツリと頭の中に入ってくる量が増えてきているような気がします。

    そんな事の一つに、以前も一度書いた先人の知恵の大切さ。
    何としても実践をしていこうと決意しました。

    年末父に無理を言い、祖母が亡くなってからはしなくなっていた、
    小さい門松をつくるために材料探しに山へ行ってきました。
    何とか探し、作り上げ、家、倉庫、御手洗いなどに供えました。
    そして新年2日、仕事始めとして、手洗いのお供えをお酒、魚、米粒と一緒に苗代を行う田んぼに持って行きました。
    あいにく雪の中でしたが、とても満足感を感じました。

    まだまだ僕が理解できることなんか少ないですが、
    今後もより大切にしていきたいと思います。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM