<< 子供ツアー、案外と涼しい夏? | main | 稲刈りも中盤戦、DESIGNEASTに出店致します。 >>
2011.09.02 Friday

稲刈り間近の台風、用意、約180才の煤竹のペン。

0

    台風がやってきました、12号。
    今も外は雨風が吹いたりやんだり、
    幸い滋賀県でものすごい大きい台風が直撃したと言うのは僕は数回しか記憶にありません。
    小学校の頃と父が昔育てていたメロンのハウスが倒壊したときと、
    高校時代(比叡山高校と言う山の麓にある学校なので)土砂崩れと、大雨で屋上に溜まった水を先生がバケツ使って雨をかき出していた時くらい。
    聞くと滋賀県は比較的災害に遭う事が少なく、防災意識も低いとか。
    先月友人達と防災のイベントを開催したりしたのですが、
    中々知らないこともたくさんで、お話しくださった方の
    「心の準備はしつつ、今を一生懸命十分に生きる事が一番大切」
    と言う言葉が心に強く残りました。

    さて、ウチも5日の月曜日から黒米を始め収穫スタートの予定をしているのですが、
    無事に過ぎる様願うだけ、秋晴れを楽しみにしています。

    今日の写真は昨日近所にオープンした「古良慕」というお店で購入したペン。
    いつも仲良くして頂いている「島村葭商店」さんが開かれたのですが
    普段から古道具や作家作品が好きなのですが、これは完全に一目惚れ、
    島村さんとこの180年程前からの煤竹(囲炉裏などで燻された竹)を使って、
    大阪泉南の職人の手作り。
    写真では伝わりにくいですが、何とも言えない質感、
    もちろん同じものはありません。

    私たちのお米づくりも年月と供に深みの出る様精進して参ります。
    さーて、よい天気になります様に!

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2011/09/05 8:10 PM
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM