2012.08.31 Friday

収穫前、ヤサイ(831)の日

0
     
    8月も今日で終わり、
    収穫も目の前に迫って参りました。
    今年は天候にも恵まれた事に加え、心配する台風も少なかったので
    良い秋を迎える事が出来そうです。

    今日はスタッフ坂野くんの誕生日、8月31日、ヤサイ(831)の日。
    ウチは今のところ米大豆が主なので、自家用野菜くらいしか作っていませんが
    来年(こそ)始める野菜づくりは是非彼に頑張ってもらいたいものです。

    下の写真はトラクターでの草刈り、
    作業倉庫の掃除と機械の調整と並んで、収穫前の大切な作業。
    いい天気が続きますように。

    2012.07.22 Sunday

    田んぼの様子(赤い田んぼ)

    0

      こんにちは、
      梅雨も明けて、すっかり夏空になって参りました。
      今週大豆を蒔こうとしていた矢先、
      大きな雨が通ってしまい来週に持ち越しです。

      7/4〜7/10の泉北タカシマヤ「近江の味めぐり」
      天気が崩れた日も多く、足下の悪い中ご来店頂きました皆さま、
      大変有り難うございました。

      出張から帰った後は、有機JASの実施検査を迎えました。
      また今年は検査員の為の研修も終え、本年より正式に有機JASほ場の検査員もさせて頂く事になりました。
      検査をされる立場としては、検査員の方に対しては緊張の対象としての印象が強いですが、
      僕も有機農業を広めて行く一助を担える事を感謝して、
      一検査員として頑張って参りたいと思います。

      写真は6/中旬に田植えをした滋賀旭27号の田んぼです。
      真っ赤な色はイトミミズの大発生かと思って見に行ったら、
      なんと水がうっすら赤色に染まっているみたいでした。
      現場の依田くんに聞いたところ、
      今年は他の田んぼにもこの様なところもあって、この後に「アミミドロ」と言う藻類が発生しやすいとの事。
      右側にはアオウキクサも少し出ていますが、
      毎年想像ができない様な現象が起こるのが有機栽培の楽しいところです。


      2012.06.16 Saturday

      今年の田植えも終わりました。

      0

        昨日の好天気から一変
        今日は一日雨模様。
        シトシト降っては止み、降っては止み。
        今年も梅雨の始まりでしょうか? 
        先週木曜日、今年の米作りの最後の田植えを終えました。
        最後は昨年と同じく「滋賀旭27号」この田んぼも今年は有機JASの申請をしました。

        写真はトラクターでの代かき作業。
        この様に田んぼをならして翌日田植えをします。

        先週は良い季節と言うこともあって、
        ほぼ毎日、様々な方が訪ねてこられました。

        夜には蛍も飛び交うこの季節、
        日中の作業は辛くなりますが、夏日が待ち遠しくなります。

        2012.06.11 Monday

        田植えも残す所あと少し。

        0
           

          今年の田植えも残す所あと少し。
          古代米と滋賀旭27号を残すだけとなりました。

          先週末から雨(と曇り空)が続くので、気になっていたのですが、
          大幅なずれ込みもなく順調に終われそうです。
          この時期、除草機もフルに動いているので
          中々二人で田植えをする事は少ないのですが、
          田植えのワンシーン、苗を渡している所です。


          で、こちらは米ぬかと大豆を粒状に加工した「大豆入り米ぬかペレット」を散布機に入れている所。
          田植えと同時に蒔くのですが、
          もともとそんな仕様の田植機ではなく、無理矢理ウチで付けているので
          使い勝手はなかなかなもの。
          以前のように背負って蒔く事を考えたら大分楽になりました。
          大変優れた機械です。

          田植えが終わったら、皆に美味しいもので慰労します!
          2012.05.31 Thursday

          今年もたっぷり上がってきました!

          0
             
            さて、またご無沙汰の更新となってしまいました。
            針江のんきぃふぁーむの田植えも順調に折り返し地点を過ぎて参りました。
            今年は天候に恵まれていることもあって、順調に進んでいます。

            先日、田んぼの見回りをしていたら、
            田んぼにサギやカラスが集っています!

            何かと思い近づいてみると「ナマズ」
            ちょっと浅くなっている所に乗り上げてしまった大きなナマズでした。
            この田んぼには魚道が設置してあるので、
            毎年上がってくるのですが、今年は例年に比べて早い様です。
            大体ですが、10匹くらいは確認出来ました。

            これから産卵を終えた後、また稚魚は琵琶湖に帰っていきます。
            毎年ながらですが、すっかり当たり前になってしまいました。
            ありがたい話です。
            2011.06.07 Tuesday

            田植え、春仕事順調に進んでいます。

            0
               

              田植

               
              あっという間に5月は過ぎ、気づけば「夏」になりました。
              昨日も一日かんかん照り、
              梅雨はもう去ったのでしょうか?

              今年は、例年より約一週間遅い5月20過ぎに田植えをスタート、
              先週の大型台風など少し作業を中断することありましたが、
              順調に進んでいます。
              トラブルさえなければ今週田植は終わり。
              写真の薄茶色は「大豆入り米ぬかペレットです」
              前の記事でも紹介しましたが、こんな感じで使います。

              そして平行して除草も始まり、現場は大忙し。
              僕は「大豆レボリューション ソラのん畑」の横に休憩小屋をつくっています。
              もう少し天気が続けば、大豆のための地を整え始めます、
              それにしても梅雨はもう去ったのでしょうか?

              さてと今日も良い天気になりますように!
              2011.05.25 Wednesday

              今年は新たにレンコン、マコモダケに挑戦!

              0
                     マコモダケ

                ウチの田んぼのある、針江地域は弥生時代の遺跡が2カ所あり、稲作が行われていたと
                記録が残されています。
                琵琶湖の近くで肥えた重粘土と言う土質で、川沿いと言う事もあったのでしょうが、
                2000年以上も前から稲作が行われており、その事は大変誇らしく思います。

                集落の中は「川端(かばた)」を始め各所から湧き水があふれ、地下水位も高く、
                福井、石川、新潟の様な日本海型の気候で、「高島時雨」というコトバがあるくらい
                雨も多く、冬は雪がどっさり降ります。
                一年で土が乾くのはほんのいっとき。

                ということで、畑作には大変向いていない地域なのです。
                カラッと乾き野菜や大豆に向く場所はごく一部、
                周りの農家さんもほとんど大豆はつくっていません。畑も自家用にほんの一部。

                というわけで、ウチの土地に合う作物は限られるため、頭を巡らし探しました。
                そして見つかったのがレンコンと、マコモダケ

                レンコンは以前徳島の農家に頂いた取れたての美味しさの感動から、
                いつかつくりたかった作物。
                マコモダケはイネ科の作物で、ウチのノウハウを生かせると思ったから。

                種レンコンは取り寄せしたのですが、
                マコモダケは全く知識もないため、苗を分けて頂く農家さんに直接話を聞いてみたいと
                京丹後市まで行ってきました。
                写真は農家さんところで。
                田んぼ、マコモダケ、野菜、日本ミツバチ、炭焼き等々、面白い事をたくさんされています。
                本当に素敵な方でした。

                ウチの地域であれば稲わらでつくっていた「こも」
                この「こも」の語源もマコモダケの「こも」からだそうです。

                さーて、今年は収穫の秋が更に楽しみです!
                2011.04.29 Friday

                4月も残すはあと少し、

                0
                               

                  4月も今日と明日で終わり。
                  頼んでいた書類が揃ったので、
                  有機JASの申請書もようやく昨日郵送しました。
                  今年は提出書類の厚みが1.5cmほど。
                  これがどんどん増えると思うとゾッとします。

                  さて、しばらく机に向かう時間が長かったので
                  体が少し鈍っていますが、来週からはどっぷり体で働きます!

                  写真は種まき。
                  一番奥には弟と、先月から高島に移住して働いてもらっている坂野さん、
                  そして、手前は千葉県より、将来は農業を試みる大学生の山村君。
                  みんな頑張ってくれています。

                  奥の大きなかくはん機で土と有機肥料を混ぜ合わせます。
                  この土は界面活性剤が使用されていないので、(ほとんどの購入土には使用されています。)
                  水が吸いにくい!
                  父の代に使っていた土に比べると大変気を使います、
                  そして、更にこの土を一晩放っておくと、
                  より水を吸収しにくくなるので、さらにもう一苦労。
                  良い苗に育ってくれますように!

                  来月は
                  5/1・・・ミリバールマルシェ
                  5/7・・・ファンタスティックマーケット

                  に出店します、お近くに来られた際はぜひお立ち寄りください。
                  2011.04.15 Friday

                  今年も順調に春の作業がすすんでおります。

                  0

                             


                     先週の温湯消毒から10日、やはり昨年の高温のせいか種の休眠が深いように思います。
                    少しばかり予定は遅れてしまいました。
                    まぁ桜も1週間遅れているそうなので仕方ないでしょう。
                    昨日の気温は高く少し汗ばむ陽気、ようやく春本番と言うところです。

                    写真は今年導入したペレット成型機、タイワ精機の「乾ペレくん」。農業機械特有のかわいい名前ですが、たいした優れもの。
                    ウチでは毎年大豆米ぬかペレットを10トンほどつくっているのですが、今までの「ペレ吉くん」では

                    【くず大豆粉砕→米ぬか+大豆粉を水分調整→撹拌→ペレ吉くん→乾燥→袋詰め】

                    と言う行程だったのですが乾ペレ君では

                    【乾ペレ君→袋詰め】

                    ととてもシンプル。おまけに静かなので、夜に動かしても問題なし。
                    灯油も使わずとても楽ちんです。

                    さーてそろそろ種まきが始まります!
                    僕も毎年恒例、有機JAS認定の申請のまとめに入ります!

                      
                    JUGEMテーマ:日記・一般
                     
                    2011.04.09 Saturday

                    さてさて、今年も始まって参りました。

                    0
                      温湯消毒

                      ようやくこの季節、
                      三寒四温とはよく言ったもので、今年もゆっくりゆっくりと春がやって参りました。

                      年始の大雪でビニールハウス2棟と機械収納庫が倒壊し、
                      思わぬ仕事も増えてしまいましたが、
                      何とかこの季節を迎える事出来ました。

                      機械収納庫はまだまだ頭を抱えているところですが、
                      ビニールハウスからの卒業の良い機会となりました。

                      写真は種子の温湯消毒
                      唐箕とグレーダーで良い種子を選抜し、
                      籾の野毛をとってから始めます。
                      ウチは農薬でなく60℃のお湯で種子消毒を。
                      まだまだ風は冷たいですが
                      この作業をするとこれから始まる事を実感。

                      今年からウチで働いて頂いてる2人、
                      一緒に消毒しに来られた近くの農家さん、
                      温湯消毒の日は色んな人がやってきます。

                      さーて今年はどんな季候だ!

                      最後にお知らせ、
                      実は4月9日(土)
                      ウチのお米を使って頂いている「ソラノネ食堂」で
                      アグリモーニングセミナーが催されます。

                      これはTPPについて、考え、勉強する会として
                      昨年12月より始まった勉強会。今回で4度目になります。

                        今回の情報はこちら

                      次はもっと早く情報をアップします!


                      JUGEMテーマ:日記・一般
                       
                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM